【答えを知っているのは誰だ】インサイダーゲームをご紹介
スポンサーリンク

【答えを知っているのは誰だ】インサイダーゲームをご紹介

インサイダーゲームというボードゲームをご存知ですか?

このゲームは、プレイヤーの中に混ざった「インサイダー」を探すゲームです。

created by Rinker
オインクゲームズ
¥2,191 (2020/11/29 05:26:20時点 Amazon調べ-詳細)

遊び方

プレイ人数は、4〜8人。

この中に、ゲームマスター1人、インサイダー1人を入れて、役職カードを配ります。

 

役職が決まったら、ゲームマスター以外は一旦、目を瞑ります。

ゲームマスターだった人は、「お題カード」をひっくり返し、今回のお題を確認します。

 

その後、ゲームマスターも目を瞑り、インサイダーがお題を確認します。

 

確認が済んだら、ゲームマスターが目を開け、お題を隠したら、ゲーム開始です。

 

制限時間は、約3分間。

砂時計の砂が全て落ちきるまでです。

 

参加者は、皆、ゲームマスターに対し、質問をし、ゲームマスターは、「はい」「いいえ」「わからない」で質問に答えます。

質問を積み重ね、お題が何だったのかを当てましょう。

 

しかし、インサイダーはお題の答えを知っています。

インサイダーの役割は、周りにバレずに答えへと誘導することです。

 

お題の答えが当たった後、いったい誰がインサイダーだったのかを当てるゲームです。

もし、お題の答えにたどり着けなかった場合には、全員が負けとなります。

 

ここが面白い

ゲームマスターを含め、誰がインサイダーなのかを知りません。

お題を当てるだけでなく、「誰がどんな質問をしていたか」、「核心に触れた質問はなんだったのか」をしっかりと覚えておく必要があります。

インサイダーは、インサイダーとバレないために。

一般プレイヤーは、インサイダーを見つけるために、インサイダーと疑われないために。

様々なテクニックが必要となってくるでしょう。

 

遊んでいる人たちの声

 

管理人
ワタシ、インサイダー、チガウ。

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク