【害虫の押し付け合い】ゴキブリポーカーが面白い!遊び方をご紹介
スポンサーリンク

ゴキブリポーカーの遊びかた、面白さをご紹介

ゴキブリポーカーは、ゴキブリなど(計8種類)の害虫カードを使い、駆け引きを行い、害虫カードを押し付け合うボードゲームです。

 

使用する害虫カードの種類

・サソリ

・コウモリ

・カエル

・クモ

・ゴキブリ

・ハエ

・ネズミ

・カメムシ

 

これらの8種類のカードが8枚ずつ入った64枚が入っています。

 

遊び方

このゲームは勝者を決めるゲームではなく、敗者を決めるゲームです。

カードを裏向きで「これはゴキブリです」というように、カード名を言いながら、他プレイヤーに渡します。

この時に、実際のカード名とは異なるカード名を宣言しても大丈夫です。

 

プレイヤー1
これはゴキブリです。

 

プレイヤー2
違います。

 

もし、上記のように、「違います。」と答えた場合に、

・本当にゴキブリだった場合は、間違えたプレイヤー2がゴキブリを受け取ります。

・ゴキブリでなかった場合は、攻撃に失敗したプレイヤー1はゴキブリを受け取ります。

 

 

プレイヤー1
これはコウモリです。

 

プレイヤー2
コウモリです。

 

この場合には、

・カードがコウモリだった場合、攻撃に失敗したプレイヤー1がコウモリを受け取ります。

・カードがコウモリ出なかった場合、間違えたプレイヤー2がコウモリを受け取ります。

 

 

攻撃は、前回カードを受け取ってしまった人が行い、これを繰り返します。

ゲーム中、以下の条件に当てはまるプレイヤーがいた場合に、そのプレイヤーが敗北となります。

 

敗北条件
・同じ害虫カードが4枚集まってしまう。
・害虫カードが8種類集まってしまう。

 

これがゴキブリポーカーの基本的な動作です。

 

また、3人以上で遊ぶ場合には、このようなこともできます。

プレイヤー1
これは、カエルです。

 

プレイヤー2
(カードを確認)
これは、ゴキブリです。
(プレイヤー3にカードを渡す)

 

この場合には、プレイヤー2が攻撃者となるため、攻撃が失敗した場合には、プレイヤー2がカードを受け取ります。

 

ここが面白い

プレイヤー同士の駆け引きがアツいです。

同じ種類のカードは合計で8枚しかないため、場にあるカード、手札をみれば、どのカードの確率が高いのかを考えることができます。

また、確率が低くても受け取りたくないカードが出されてしまった時、どう出るのか、本人の性格が現れてきます。

 

あまりよくない点

敗北者を決めるゲームのため、ルールの性質上、一人が集中狙いされやすいです。

これを聞くと、あまり良い印象は持たれないかもしれませんが、攻撃側が返り討ちに合うことを少なくないので、そこも楽しい部分だとは思います。

しかし、人によっては、苦手と感じる人もいると思うので、それらも含めて楽しめる人は向いていると思います。

 

カードサイズ・スリーブサイズ

ゴキブリポーカーのカードサイズは、「59mm x 91mm」です。

そのため、ユーロサイズと呼ばれるカードスリーブだとサイズがちょうど良いようです。

【新品】ボードゲーム カードアクセサリコレクション 両表面エンボスマットスリーブ ユーロサイズ・ソフト

 

遊んでいる人たちの声

管理人
これは犬です。

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク
コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード