【中国・北京から調達】ジャニーズの医療支援物資3億3000万円相当が日本に到着
スポンサーリンク

ジャニーズ医療支援物資が到着

嵐の相葉雅紀(37)が、新型コロナウイルス感染拡大を受け、ジャニーズ事務所が医療従事者に寄贈するために中国・北京から調達した防護服1万着を受け取るべく、2日夜に成田空港に駆けつけたことが3日、分かった。寄贈が決まっている支援物資は防護服3万3000着、マスク73万枚など当初予定していた8000万円相当の4倍以上にあたる3億3000万円相当に。相葉は「医療の最前線で従事されている皆さまの責任感が今を支えている」としみじみ感謝した。

相葉の前に積まれたのは段ボール400箱、総重量4トンにおよぶ防護服1万着。命がけで医療支援に奮闘する人々の“重さ”を実感し、感謝で胸が熱くなった。

ジャニーズ事務所は先月17日、社会貢献活動「Johnny’S Smile Up! Project」の一環で新型コロナの感染拡大に対する支援活動を行うことを発表。医療従事者に防護服3万3000着、医療用&抗菌マスク計50万枚の総額8000万円相当を寄贈するとしていた。

この取り組みに賛同の輪が広がり、新たにアイソレーションガウン(簡易予防衣)5万着や三層マスク23万枚が調達可能に。支援物資の総額は当初の4倍以上となる3億3000万円に上った。
https://news.livedoor.com/article/detail/18213190/より引用

 

以前に、「買い占め疑惑」があったジャニーズからの医療物資が到着したようです。

 

 

大阪では全く手に入らなかった「防護服」。

代用品として、「雨合羽」を集めるほどの状態であり、ジャニーズ事務所はどこから調達するのかが、謎に包まれていましたが、中国・北京から調達したことがわかりました。

費用は、当初予定していた4倍以上がかかっている様です。

 

世間の反応

管理人
中国製に不安の声はありますが、かなり有難い支援ですね。
スポンサーリンク
おすすめの記事